バイナリーオプションって何?

バイナリーオプションってなに?

最近非常に流行っているバイナリーオプション。

インターネット上で、名前くらいは聞いたことがある、という人もいるでしょう。

しかし具体的になんなのかは分からない、という人も多いのではないでしょうか。

本記事では、バイナリーオプションの基本的な仕組みについて、詳しく解説します。

ぜひバイナリーオプションを理解する上で、役立ててください。

特にバイナリーオプションを始める場合、仕組みを理解しておかないと大損します。

まずは基本的な部分を押さえておきましょう。

    目次

  1. バイナリーオプションの基本的な仕組みとは?
  2. バイナリーオプションの基本はOK、FXと何が違うの?
  3. バイナリーオプションのメリットは?
  4. ルールがすごく簡単
  5. 1,000円からはじめられる
  6. 損失が小さい
  7. バイナリーオプションのデメリットは?
  8. ギャンブル性が高い
  9. 一気に大金を稼げるというわけではない
  10. 止め時の判断が難しい
  11. まとめ
  12. 使うべきバイナリー業者は?

バイナリーオプションの基本的な仕組みとは?

バイナリーオプションの基本は、「特定の時間において、為替相場が上がるか下がるかを賭ける」ということです。

賭けた方に相場が動けば勝ち、逆方向に動けば負け、というシンプルなもの。

たとえば「円とドル」の為替相場で、「ドル高」か「ドル安」いずれかに賭けます。

高くなる方に賭けることを「HIGH」、安くなる方は「LOW」と呼ばれます。

HIGHに賭けてドル高へと変動すれば、勝ちです。

しかしHIGHに賭けてドル安へと変動したのであれば、負けということです。

つまりバイナリーオプションの基本的な仕組みは、

「特定の時間で為替相場がHIGHになるかLOWとなるか」を予測する

当たればお金が増えて、負ければ賭けたお金が失われる

というものです。

バイナリーオプションの基本はOK、FXと何が違うの?

バイナリーオプションの基本的な仕組みを聞くと、「FXと何が違うの?」という疑問を抱く人が多いです。

最大の違いは「リスクの大きさ」です。

FXの場合は、自分が持っている資産以上の損失を出すこともあります。

また「追証」が必要となるケースも。

わかりやすく言えば100万円しか持っていないのに、500万円負けたりする可能性があります。

また取引を続けるために、「証拠金」を積まなければいけないケースもあります。

しかしバイナリーオプションは、いくら負けたとしても「賭けた金額以上」に負けることはありません

カジノやスロットと同じことです。

たとえば自分が10万円しか持っていなければ、10万円しか賭けることはできません。

したがって賭けた金額以上、負けようがないわけです。

また取引時間もまったく違います。

FXの場合、取引時間は数日単位になることも。

しかしバイナリーオプションは、10分から15分でひとつの取引が終了します。

つまりFXと比較して手間がかからず、手軽である、ということです。

総合して言えばバイナリーオプションは、FXと比較して「手間」と「リスク」が圧倒的に小さい、という違いがあります。

バイナリーオプションのメリットは?

順番に見ていきましょう。

 

ルールがすごく簡単

バイナリーオプションが持つ最大のメリットは、ルールがすごく簡単であるという点。

上述したとおり、バイナリーオプションは「HIGH」か「LOW」に賭けるだけです。

そして当たれば勝ち、外れれば負け、というシンプルさ

金融や為替などの知識があまりなかったとしても、気軽に始められます。

1,000円からはじめられる

FXや株取引は、何十万、何百万円という元手がなければ始められません。

しかしバイナリーオプションは、1,000円程度からでも始められます

さらに業者によっては、開始時に取引でポイントを支給してくれることも。

ポイントを使って勝つということも十分に可能です。

損失が小さい

賭け方にもよりますが、負けた時の損失が小さいのもメリットのひとつ。

FXや株だと、ひとつの取引で何十万円、何百万円という損失が出ることもあります。

しかしバイナリーオプションは、賭け方さえ間違えなければ、大きな損失を出すことはありません。

バイナリーオプションのデメリットは?

とはいえ、バイナリーオプションにはデメリットもあります。

デメリットを押さえておくことが、バイナリーオプションを始める上でとても重要です

ギャンブル性が高い

バイナリーオプションは、ギャンブル性が高いというデメリットがあります。

HIGHかLOWを選択する根拠が薄ければ薄いほど、ギャンブル性は高まります。

バイナリーオプションは、知識が少なくても始められるというのは上述の通りです。

とはいえあまりにも知識が少なすぎると、単なる丁半博打になってしまいます。

したがってバイナリーオプションに関する知識を集めるという対策が必要。

「為替相場の動き方」

「ツールの使い方」

「勝ちやすい時間帯」

といった知識を集めて行けば、ギャンブル性が低くなり、勝ちやすくなります

一気に大金を稼げるというわけではない

バイナリーオプションは、最大で20万円までしか賭けられません。

また、ペイアウト(払い戻し)の倍率も多くで2倍までです。

もちろん、ハイかローかの二択で2倍なので、低いというわけではありません。

しかし、1回の取引で5倍や10倍になるといった事はありません。

したがってFXや株取引などと違って、一気に大金を稼げる、というわけではありません。

したがってリスクを取ってでもいいから大きく稼ぐことを狙いたい、という人には不向きな部分があります。

止め時の判断が難しい

バイナリーオプションが持っている最大のデメリットとして、止め時の判断が難しい、というものがあります。

特に負けが込むと、「何とかして取り返そう!」と思い、止めるべき時に止められないという人が多いです。

ひとつの取引が10分から15分で完結してしまうので、「もう一度だ!」と考えてしまいがちなわけです。

YouTubeでバイナリーオプションに取り組む人の動画を見てみると、よくわかります。

致命的な損失の後で、危険な賭け方をする人が非常に多いです。

したがって、

一日のうち取引する回数を決める

自分の中で「これ以上負けたらやめる」という金額を決めておく

といった工夫が必要です。

上記のような工夫は「資金管理」と呼ばれ、バイナリーオプションに取り組む上でたいへん重要な存在です。

まとめ

バイナリーオプションは、「為替相場が上がるか、下がるか」を予測するというものです。

予測が当たれば勝ち、つまりお金が増えます。

逆に予測が外れれば負け、賭けたお金は没収されます。

FXや株取引と比較すると、基本的な仕組みはたいへんシンプルです。

少額で始められるし、ただやるだけなら知識もさほど必要ではありません。

とはいえ稼ぎたいのであれば、「相場を読む」「ツールを使う」などのスキルが必要です。

バイナリーオプションで稼ぎたいのであれば、知識を集めましょう。

使うべきバイナリー業者は?

業界の中でも一番ペイアウト率が高く、利用者目線で非常に使いやすい業者がハイローオーストラリアになります。

バイナリーのプロトレーダーは必ず利用している業者になりますので、またご登録されていない方は必ずご登録してください。

https://highlow.com/register?a_aid=5d1d5e7ada7b9

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です